スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

第1回連載 これから始まること

第1回連載 これから始まること


 私は、五井野正氏の著書の愛読者、ひとりのファンに過ぎません。

 今から約20年くらい前でしょうか、江戸東京博物館で開催された五井野正氏による「写楽の真実」の講演会での第一印象は「生徒に大変人気がある女子高の先生」という感じで、とても柔和で温厚な中に知性的で男性的な印象を今でも持ち続けているのですが、その後、今日に至るまで、五井野正氏の講演会等には事あるごとに参加してきたつもりです。
五井野正氏のプロフィール(こんなに才能にあふれた人が日本にいた!)

 私が知る五井野正氏は、浮世絵の収集家、研究家として世界的に有名なだけでなく、芸術家、科学者、哲学者として国際的な評価を受け、また、国内では日本を動かす政治家とも親交が深いことを知り、私は一瞬にして「この人物は本物である」と直感し、じ後、五井野正氏の著作は総て読破するなど、私は五井野正氏の読者であると自認しています。

 ところが、2015年4月1日のGoogleにおいて「五井野正」で検索すると、「五井野正オフィシャルサイト」がトップに出て、第4番目に「サーティンキュー」というブログが登場したので、五井野正氏のファンサイトかなと思い閲覧してびっくり、怖くておどろおどろしくて、とんでもない所に迷い込んでしまったという感じで(その理由は第2回連載「異常な人格を暴く」で詳述する予定)、それでも五井野正氏に関連する記事「五井野正の正体」を一気に読み切ったのですが、私の知っている五井野先生(五井野正氏の古くからの読者は、五井野正氏を先生と呼んでいるので、私の第一印象と同じであることから、ここではあえてこの様に呼称しました)とは全く違ったことが書かれていて、とても驚いてしまったのです。

 ですから、あたかもコバンザメの様に纏わりついて「五井野正オフィシャルサイト」等を閲覧すれば釣られて「サーティンキュー」も見てしまい、毒に当てられる様な不健全な状態を早急に是正して、五井野正氏に関する虚偽の情報の拡散力を弱める必要があることを実感したのです。

 また、「サーティンキュー」では、五井野氏を初め五井野氏が創始した様々な団体やその会員を侮辱、誹謗中傷する記述、五井野正氏の言動や著作をニセ、虚偽や詐欺呼ばわりする記述が認められていることから、私たちは、団体やその会員自らの名誉を回復するため、「サーティンキュー」に対抗して新たにブログを発足する必要を感じたのです。

 お断りしておきますが、対抗してとは、攻撃することではなく、専守防衛、自衛という意味です。

 目には目を、つまり、毒を以て毒を制することは致しません、みずから撒き散らした毒はご自身で始末していただけければ結構なのです。虚偽には真実を以て跳ね返します。

 その結果は、「サーティンキュー」の虚偽で塗り固められた中傷記事で批判されてきた五井野正氏が、逆に実は全く嘘などつかない高潔な人格と類まれな数々の才能と業績によって、世界の国王や国家元首、宗教界のトップ、世界的に著名な学者や国家アカデミー、学術団体、美術館に認められた知識人であるだけでなく、桁外れの実行力と利欲を持たない優しさに溢れた親和力によって世界的な対立や紛争を融和、統合し、或いは未然に防止したり、命を狙われながらも「サーティンキュー」やその背後に潜む団体の悪と戦う正義の味方の人であることが、以前にも増してより鮮明に分かったと言う事です
五井野正氏の活動【未だ知られざる偉大な日本人の足跡!】

 今後は月一回をペースに連載を予定しており、第2回目の連載は「『サーティンキュー』氏の異常な人格を暴く」を5月1日頃を目途にブログに掲載することを予定しています。


 また、ブログ「五井野正氏をネットで誹謗中傷するサーティンキューの正体と影」は私が作成、記述したものであり、五井野正氏やその関連団体等とは一切関係がなく、記述した内容に関するすべての責任は、私個人に帰するものであることを、予めお断りいたします。 
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
現在シークレットコメントは受け付けていません。

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。