スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

第5回連載「サーティンキュー」氏の異常な人格を暴く(その2)

第5回連載「サーティンキュー」氏の異常な人格を暴く(その2)

 第2回連載「軽くサーティンキューの正体」、第3回連載「軽くサーティンキューを操る影の正体」、第4回連載「『サーティンキュー』氏の異常な人格を暴く(その1)」を読んで、「サーティンキュー」氏の支離滅裂で猟奇的な人間性を知れば、その書く文章が極めていい加減なものであることが分かると思います。
 しかし、そのことをまだ疑う方、「サーティンキュー」氏の誹謗中傷で自ら或いは自分が尊敬する人、応援する人がその毒牙にかかってしまい悔しい思いをしている人、「サーティンキュー」氏を背後から突き動かす闇の集団力学に関心がある方、ネット社会に潜む巨悪に悲憤慷慨している人、この「サーティンキュー」氏が係わる一連の事件の真相を探求したい人達のために、これから、さらに連続して「サーティンキュー」氏にまつわる異常な人格、行動、怪しげな背景を実証的に分析し暴いていきます。


4.常軌を逸した過激な思想は猟奇性や恐怖さえ感じさせる
 「サーティンキュー」の記事、文章にはオカルト的な内容が多く、一般人には意味不明、理解不能な内容も多いものと思われます。記事の参考文献を見てもオカルト関連の書物が数多く認められます。精神世界などと言えば聞こえは良いのですが、公序良俗を逸脱したものは悪い意味でのオカルトなのです
 オカルト的な内容は客観的に真偽、真贋が判然としないことを悪用して「安倍総理は魔王尊に従っていると鷲は見る」(「飛鳥昭雄の妄想の八咫烏史観を斬る!」)とか「橋下徹は『悪魔と契約した者』である」(「悪魔と契約した独裁者、橋本徹!~日本を破綻させる役目!」(2012年2月17日)) 「電力会社の背後には悪魔教が存在するという事実!!!」(2011年8月30日)等々わけの分からない事を言いたい放題なのは如何なものでしょうか。

 「安部総理に反対する者たちがサヨクであり、強制収容所へ行ってくださいwwwwwwww」「反戦平和主義者こそが人間の屑である」 との記述は、明らかに戦争賛美の極右翼思想として、或いは後述しますがネオナチの台頭オウム真理教のテロ行為思想にも似て、閲覧者に恐怖さえ感じさせるものです
 「サーティンキュー」氏が反社会的な勢力に与する人間ともネット右翼(筆者注、ブログで極論を展開する人物の意)とも捉えられかねません。

 ところで、五井野正氏を批判した所謂「五井野シリーズ」が、2012年7月にすべてそのプロバイダーのエキサイト(管理者)から不適切ということで削除された事実があります。

 エキサイト・サービス利用規約では、全35項目に及ぶ禁止事項の何れかに違反したと判断した場合又はそのおそれがあると判断した場合、直ちに必要と判断する範囲で当該ユーザーにより掲載等がなされた掲載コンテンツの全部もしくは一部の削除及び/もしくは修正又は編集を行い、ユーザーによる本サービスの利用を禁止又は制限し、登録ユーザーの登録情報を強制的に削除又は登録制サービスを解約する権利を有するものと規定されているのです。
 具体的にその規則を抜粋して以下、掲載してみます。
○当社(筆者注、エキサイトを指す、以下同じ)もしくは第三者を差別、誹謗中傷する又はそのおそれのある行為。
○当社もしくは第三者の名誉又は信用を毀損する、又はそのおそれのある行為。
○第三者に対し、嫌悪感を抱く画像、文書等を送信又は表示する行為。
○その他、当社が不適切と判断する行為。

 いずれにせよプロバイダーはブログに掲載された内容の真偽、適法性、妥当性、信頼性、正確性等については一切保証しないのが原則であるとはいうものの、「サーティンキュー」の掲載内容が危険であると判断して削除したという訳です。明らかに違法なもの及びそのおそれのあるものを放置すれば犯罪の温床となるのは目に見えていますから。


 にもかかわらず、「五井野シリーズ、すべてエキサイトに削除される」号(2012年7月27日)では、「サーティンキュー」氏自身が狐に包まれたかの如く「(昨日7月26日あたりに)消されたようで、消えてない????」と題して「私の五井野シリーズの文章4本が削除されたと思ったが、出てくる時もある。なんじゃ~~、これは???どうなっているのかわからんな。しかし、いずれわかるだろう。」と述べているように、何者かが 遠隔操作 して五井野正氏を誹謗中傷する「五井野シリーズ」を再アップした若しくはプロバイダーに圧力をかけられるような大きな組織力を持った団体が再アップさせた事実があります。

 いったい何者なのでしょうか、実に答えは簡単なのです。

 と言うのは、五井野正氏がアルメニア共和国大統領から平成7年9月に在日アルメニア共和国名誉領事に任命されたのを、嫉妬し、自らの地位が脅かされ五井野正氏に対して行ってきた数々の旧悪が露見するのを恐怖したカルト宗教団体のトップの命令で、五井野正氏を日本側にカルトに見せようと策謀してきた事実があったからなのです。
「五井野正博士が、米国で開催されたアルメニア世界医学学会での招待講演で、自身のアルメニア名誉領事就任の妨害の事実を米国民と米国在住アルメニア人に公表した部分の抜粋」(http://www.goino-tadashi.com/Video/Video.html))


 この事によって「サーティンキュー」を意図的に影で動かしている背後の組織が浮き彫りにされたのです。

 「サーティンキュー」氏の周囲の人間関係や利害関係は複雑なようですが…、それゆえ性懲りもなく、2014年6月18日に「五井野正の正体4」が、2015年3月9日には「五井野正の正体5」が「サーティンキュー」に掲載されたのです。

 何んとも得体の知れないストーカーと思いきや、背後の組織が執拗にヤラセをしているのを感じてぞぉっとしませんか。
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
現在シークレットコメントは受け付けていません。

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。